Python Pandas - エクセルファイルの読み込み

Pandasを使ってエクセルファイルの読み込みを行います。

エクセルファイルの書き込み

次のエクセルファイルを読み込みます。

data.xls

読み込み処理は以下の通りです。

read_excel関数を使い、1行でエクセルファイルの読み込みが行えます。

またsort_values関数を使えば特定のキーでソート(並び替え)を行うことができます。

[コード]

1
2
3
4
5
6
7
import pandas as pd

book = pd.read_excel('data.xlsx', sheet_name='Sheet1')
print(book)
print()

print(book.sort_values(by='データ1', ascending=False))

実行結果は次のようになります。

[実行結果]

  都道府県  データ1  データ2
0   東京    10    40
1  北海道    20     5
2   京都    30    60

  都道府県  データ1  データ2
2   京都    30    60
1  北海道    20     5
0   東京    10    40

意外とよく使うExcelショートカットキー

Excelで覚えておくと便利なショートカットを2つご紹介します。

Ctrl + 1 「セルの書式設定」を開く

数値や日付の表示形式を指定したり、セルの書式をまとめて設定するときに利用するのが「セルの書式設定」画面です。

[Ctrl + 1]を押すと即座に「セルの書式設定」画面を表示することができます。

セルの書式設定


ただ、テンキーの[1]では動作しないので、キーボード左上の[1]を押す必要があります。

Ctrl + Alt + v 「形式を選択して貼り付け」を開く

Excelでコピーを行うときは[Ctrl + c]でコピーして、[Ctrl + v]で貼り付けることができます。

このやり方だと、値だけまたは書式のみをコピーすることはできません。

貼り付けるときに[Ctrl + Alt + v]を押すと「形式を選択して貼り付け」画面をすぐに呼び出せるので便利です。

形式を選択して貼り付け


画面が表示されたら、形式を選択すれば任意の形式で貼り付けを行うことができます。


Your browser is out-of-date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×