エクスプローラの表示形式を変えるショートカット

Windowsのエクスプローラの表示は、いろいろな形式に変更できます。

大アイコンや中アイコンにすればサムネイル表示するので目的のファイルを見つけやすくなりますし、詳細表示にすればファイルサイズや更新日時などが表示されるのでファイルを比較するときに便利です。

メニューから表示形式を変えることが多いと思いますが、ショートカットキーを使うと瞬時に好みの表示に変えることができます。

Ctrl + Shift + [1 ~ 8]


特大アイコン

[Ctrl + Shift + 1]を同時に押すと特大アイコンで表示されます。

特大アイコン


大アイコン

[Ctrl + Shift + 2]を同時に押すと大アイコンで表示されます。

大アイコン


中アイコン

[Ctrl + Shift + 3]を同時に押すと中アイコンで表示されます。

中アイコン


小アイコン

[Ctrl + Shift + 4]を同時に押すと小アイコンで表示されます。

小アイコン


一覧

[Ctrl + Shift + 5]を同時に押すと一覧で表示されます。

一覧


詳細

[Ctrl + Shift + 6]を同時に押すと詳細で表示されます。私はこの詳細表示を一番よく使っています。

詳細


並べて表示

[Ctrl + Shift + 7]を同時に押すと並べて表示されます。

並べて表示


コンテンツ表示

[Ctrl + Shift + 8]を同時に押すとコンテンツで表示されます。

コンテンツ表示

絵文字パネルを開く

Windowsを使っていて絵文字を入力したい場合は、次のショートカットを使うと便利です。

Windowキー + .(ドット)

絵文字パネル


絵文字は6種類のカテゴリーがあり、絵文字だけでなく顔文字や記号も選ぶことができます。

Your browser is out-of-date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×