決定木モデル⑤ (最小サンプル数を変更)

決定木モデル⑤ (最小サンプル数を変更)

今回は、リーフノードのサンプル数を変更してみます。

最小サンプル数変更

リーフノードの最小サンプル数を変更するためには、min_samples_leafを設定します。

min_samples_leafのデフォルト値は1となっており、ノード数が1になるまで分岐をし続けることを意味します。

深さ(max_depth)は前回過学習に陥った20としたままで、最小サンプル数(min_samples_leaf)1から5に変更してみます。(1行目)

[Google Colaboratory]

1
2
3
4
5
6
7
8
9
tree_reg_samples_5 = DecisionTreeRegressor(max_depth=20, min_samples_leaf=5,random_state=0).fit(X_train,y_train)

y_train_pred = tree_reg_samples_5.predict(X_train)
y_test_pred = tree_reg_samples_5.predict(X_test)

y_train_pred = np.expand_dims(y_train_pred, 1)
y_test_pred = np.expand_dims(y_test_pred, 1)

residual_plot(y_train_pred, y_train, y_test_pred, y_test)

[実行結果]

中央下にいくつか外れ値がありますが、誤差の範囲が±10程度に集まっていてなかなかの結果になっていると思います。

また訓練データの誤差も適度にばらついていて、過学習の傾向が減っているようです。

精度評価スコア (max_depth=20, min_samples_leaf=5)

精度評価スコアを算出します。

[Google Colaboratory]

1
2
3
4
print("訓練データスコア")
get_eval_score(y_train,y_train_pred)
print("テストデータスコア")
get_eval_score(y_test,y_test_pred)

[実行結果]

リーフノードの最小サンプル数を5に制限したことで、テストデータのR2スコアが0.71となりこれまでで最も良い結果となりました。

また、訓練データのR2スコアが1.0から0.91となり、過学習傾向が軽減されていることが分かります。

決定木は過学習に陥りやすい傾向はありますが、深さや最小サンプル数などのハイパーパラメータを調整することで過学習をある程度抑えることができ、モデルの精度改善を行うことができます。


Your browser is out-of-date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×