Python × AI - ノイズ確認(DBSCAN)

Python × AI - ノイズ確認(DBSCAN)

ノイズ確認

DBSCANでは、どのクラスタにも所属しないノイズ点(外れ値)を分離できるという特徴があります。

前回実施した塊データのクラスタリングからクラスタごとのデータ数を確認します。

各クラスタのデータ数をカウントして、クラスタ番号でソートします。

[Google Colaboratory]

1
pd.DataFrame(labels)[0].value_counts().sort_index()

[実行結果]

1列目がクラスタ番号で-1~4が付与されています。

2列目は所属クラスタのデータ数です。

ノイズはクラスタ番号が-1が付与されるので、7個のデータがノイズと分類されていることが分かります。

ノイズの可視化

続いてノイズデータの可視化を行います。

[Google Colaboratory]

1
2
3
4
5
6
7
import seaborn as sns
df_dbscan = pd.DataFrame(X)
df_dbscan["cluster"] = labels
df_dbscan.columns = ["axis_0","axis_1","cluster"]
df_dbscan.head()
plt.figure(figsize=(10,3))
sns.scatterplot(x="axis_0", y="axis_1", hue="cluster", data = df_dbscan)

[実行結果]

大きなクラスタから離れている点がクラスタラベルで-1でノイズ点となっています。

ノイズ点はクラスタリングの用途によっては除外しますが、反対に異常値として検知するために注目することもあります。


Your browser is out-of-date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×