Ethereum(49) - オーバーフロー④(改善確認編)

Ethereum(49) - オーバーフロー④(改善確認編)

前回修正したスマートコントラクトを使ってオーバーフローが解消されているかどうかを確認します。

デプロイ

デプロイを行います。

デプロイするのは前回改善したMarket Place Overflowです。

[デプロイ]


デプロイ後のコントラクトの状態を確認します。

[コントラクト状態]

在庫数(Stock quantity)が100であることが確認できます。

在庫の追加①

Add Stcok関数を使って、前回同様に在庫数を156増やしてみます。

確認ダイアログではgas(手数料)に5000000を設定しました。

[在庫数を追加]

追加後の在庫数を確認します。

[在庫数を確認]

前回はオーバーフローが発生したため在庫数が0になってしまいましたが、今回は改善したので在庫の追加が行われず在庫数が100のままになっています。

いちおうオーバーフローが解消しています。


念のためトランザクションも確認します。

[トランザクションの確認]

Gas usedが指定した5000000となっており、最大手数料が消費されているのでトランザクションが失敗したことになります。

在庫の追加②

もう一度在庫の追加を行ってみます。今回は257追加してみます。

[在庫数を追加]

追加後の在庫数を確認します。

[在庫数を確認]

なぜか追加処理が行われ在庫数が101と増えてしまっています。

イベントも確認してみます。

[イベントの確認]

追加の在庫数として257を設定したのですが1となっています。

どうしてでしょうか。

考察

在庫数を追加するAdd Stock関数に257を設定したにも関わらず1という引数が渡されてしまった原因は、引数のデータ型がuint8となっているためです。

データ型のuint8では、0~255までの数値しか表現することができず257が指定されると1に変換されてしまったのです。(桁落ち)

その結果、前回改善した判定が満みたされ在庫追加処理が正常に実行されたということになります。


次回はこの問題を解消するための再度対策を行います。


Your browser is out-of-date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×