Ethereum(47) - オーバーフロー②(実行編)

Ethereum(47) - オーバーフロー②(実行編)

前回作成したスマートコントラクトを使ってオーバーフローの動作確認を行います。

アカウンとの役割

今回の動作確認では、アカウントの役割は重要ではないのですが、一応次のようにしておきます。

  • MAIN ACCOUNT (eth.accounts[0])
    コントラクト生成者。マイナー

デプロイ

まずはデプロイを行います。デプロイアカウントはMAIN ACCOUNTです。

デプロイするのはMarket Place Overflowです。

[デプロイ]


デプロイ後のコントラクトの状態を確認します。

[コントラクト状態]

在庫数(Stock quantity)が100であることが確認できます。

在庫の追加

Add Stcok関数を使って、在庫数を156増やしてみます。

[在庫数を追加]

追加後の在庫数を確認します。

[在庫数を確認]

100 + 156 = 256 になるはずですが、0になってしまいました。

下記のイベント確認すると、在庫追加の引数としては問題なく156が渡されたことが分かります。

[イベントの確認]

ではなぜ在庫数が256にならずに0になってしまったのでしょうか。

計算が合わない理由

原因は在庫数(stockQuntity)がunit8で宣言されているためです。

uint8では8ビットの符号なし整数を表します。範囲としては0~255となります。

256になるとオーバーフローが発生し、0となってしまったのです。


次回はこの問題を解消するための対策を行います。


Your browser is out-of-date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×