Ethereum(44) - 重要な情報の取り扱い①(実装編)

Ethereum(44) - 重要な情報の取り扱い①(実装編)

スマートコントラクトは、ステートに情報を保持し他の誰かと情報を連携することができます。

ただこのステートに保持する情報の扱いには気を付ける必要があります。

ソースコード

privateなステート(secret)に文字を格納するだけのサンプルソースを準備します。

[ソースコード]

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
pragma solidity ^0.4.11;
contract Secret {
string private secret; // 秘密の文字列

/// コンストラクタ
function Secret(string _secret) {
secret = _secret;
}

/// 秘密の文字列を設定
function setSecret(string _secret) public {
secret = _secret;
}
}

このコントラクトを生成する場合に、秘密の文字列を設定します。(6-8行目)

またこの秘密の文字列はsetSecret関数(11-13行目)を使って更新することはできますが、その文字列を参照する関数はなく、privateで宣言している(3行目)ためその内容を確認することはできない・・・はずです。

本当にprivateで宣言していれば、その情報を参照することはできないのでしょうか。

次回は、このスマートコントラクトの動作確認を行います。


Your browser is out-of-date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×