ブロックチェーン - 分散ネットワークのプロトコル

ブロックチェーン - 分散ネットワークのプロトコル

PoWアルゴリズム

Proof of Work(Pow)アルゴリズムは、誰が参加しているか分からない分散ネットワークにおいて、取引の合意形成を可能にするアルゴリズムです。

ビットコインではProof of Workプロトコルが使われています。

Proof of Workプロトコルには、ブロック生成時の難易度設定、ノンス値のフィールドがあります。

このプロトコルには、DoS攻撃やネットワーク上のスパムなどの他のサービスの濫用を抑える手段として次の2つがあります。

①チャレンジ・レスポンス・プロトコル

チャレンジ・レスポンス・プロトコルは、リクエスタ(クライアント)とプロバイダ(サーバ)の間で直接対話型のリンクを担っています。

②ソリューション検証プロトコル

ソリューション検証プロトコルは、リクエスタがソリューションを求める前に問題を自ら課さなければならず、プロバイダは問題の選択と見つかったソリューションの両方を確認しなければなりません。


Your browser is out-of-date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×