ブロックチェーンで使われる暗号技術 - 電子署名

ブロックチェーンで使われる暗号技術 - 電子署名

電子署名

電子署名の目的は、データの正しさを保証することです。

公開鍵型電子署名の場合、秘密鍵を文書に署名する鍵として、公開鍵を電子署名を検証する鍵として使います。

秘密鍵を使って署名

ビットコインの場合、所有するビットコインを次の所有者に対して送るというトランザクションが確かにそのビットコインの所有者、つまり署名鍵(秘密鍵)の所有者が意図するものであることを保証します。

電子署名は、署名鍵を知っている人にしか作ることのできないデータを、署名するデータに対して作ることによって、署名されたデータは署名鍵を知っている人が意図したものであり、かつ改変されていないことを保証できるようになります。

公開鍵を使って検証

電子署名の検証は署名鍵に対応する検証鍵(公開鍵)によって行うことができます。

検証鍵は公開してよいものであるため、誰でも電子署名の正しさを検証できます。


Your browser is out-of-date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×