Sikuli - 監視・イベントに関するメソッド一覧

Sikuli - 監視・イベントに関するメソッド一覧

Sikuliでは監視を行うことで、画像が見つかったときや消えたとき、変化したときにイベントを発生させコールバック関数を呼び出すことができます。

監視・イベントに関数するメソッドは下記の通りです。
(PSはPatternオブジェクト、Stringオブジェクトを表します。)

監視・イベントのメソッド一覧

メソッド 説明
onAppear(PS, handler) PSが見つかったときに呼び出すhandlerを設定する。
onVanish(PS, handler) PSが消えたときに呼び出すhandlerを設定する。
onChange(minChangedSize, handler) 領域内の画像がminChangedSize以上変わったときに呼び出すhandlerを設定する。
observe(seconds) 領域内の画像監視をseconds秒行う。監視中、処理は停止する。
observeInBackground(seconds) 上記と同じだが、バックグラウンドで処理を行うため処理は停止しない。
stopObserver() 監視を停止する。
hasObserver() 監視を設定しているかどうか。
isObserver() 監視中かどうか。
hasEvents() 監視のイベントが発生したかどうか。
getEvents() イベントに関するObserveEventオブジェクトを取得する。
getEvent(name) イベントに関する引数に渡された情報を取得する。
setInactive(name) 監視を指定した名称で一時停止する。
setActive(name) 監視を再開する。

【関連記事】
Sikuli - 為替レートの変化を常時監視
Sikuli - イベント処理


Your browser is out-of-date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×