クロスバリデーション(交差検証)

クロスバリデーション(交差検証)

分類の検証を行う場合に、データ全体を何分割かして分割した回数分検証を行う方法です。
例えば5分割の場合、学習データを8割、検証データを2割に分割して検証し、さらに検証データをかえて実行・・・・といった感じに5回検証を行います。

[アヤメのデータをダウンロード]

1
!wget https://raw.githubusercontent.com/pandas-dev/pandas/master/pandas/tests/data/iris.csv

[5分割でクロスバリデーション実行]

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
import pandas as pd
from sklearn import svm, metrics, model_selection

# アヤメデータを読み込む
csv = pd.read_csv('iris.csv')

# データとラベルに分割
data = csv[['SepalLength', 'SepalWidth', 'PetalLength', 'PetalWidth']]
label = csv['Name']

# クロスバリデーション(交差検証)を行う
clf = svm.SVC()
score = model_selection.cross_val_score(clf, data, label, cv=5) # cv=5は5分割の意
print('各正解率', score)
print('正解率', score.mean())

[出力結果]

1
2
各正解率 [0.96666667 1.         0.96666667 0.96666667 1.        ]
正解率 0.9800000000000001

5回分の検証結果が96%~100%、平均正解率も98%以上なので十分実用性がある・・・ということになると思います。。

(Google Colaboratoryで動作確認しています。)


Your browser is out-of-date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×